自分の心と向き合って

うつの症状ありませんか?

働く女性はワークライフバランスを考えて

女性がうつになってしまう原因として、生活がマルチタスクになっていることが挙げられます。家事をするだけでも掃除や洗濯、料理や買い物、育児や主人の世話といった様々なことを時間的な都合を考えながら効率的に行っていかなければなりません。子供が学校に通うようになるとPTAなどの仕事も担わなければならなくなり、定住生活を始めると自治体やマンション組合などの活動にも参加が求められるようになるでしょう。さらに仕事もして稼いでいると生活の中でのタスクが多くなってしまいがちなのです。

それぞれをしっかりと行おうという気持ちがあると、オーバーワークになってしまうのです。常に頭に負担がかかりすぎになってしまうのです。自分では気づいていなくても過度のストレスを受けている状態が続いていて、自律神経失調になり、ついにはうつ状態に陥ってしまうことにつながるのです。このようにマルチタスクで生活している女性はワークライフバランスを考えることが有用な対策になります。様々なタスクの中で大きな比重を占めているのは、生活費を稼ぐために行っている仕事でしょう。その負担を軽減してゆとりを持って家事などを行えるようにすると、心理的にも体力的にも負担が軽減されます。ストレスも自然に減ってくるため、うつになってしまうリスクが低減されるのです。逆に、ワークライフバランスを仕事側に偏らせることもできます。家族に家事などを分担してもらうことで負担を減らすこともできるからです。上記の理由以外にも《鬱病になる前に・・・》を見てみるとさまざまな要因があるようで、自分はその特徴に当てはまっていないかどうか、また早期対策方法を知ることが大切です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です